カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 マミヤ super 16II

日本製 マミヤ super 16II

日本製 マミヤ super 16II

価格:

12,760円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 マミヤ super 16II

ミニカメラなんて、フィルムは無い・写りもそれなり、メカというほどのものでは・・・といわれながら、でもマミヤ 16スーパー系は・・・人が何と言おうが俺はコレが好き・・・と、自分の趣味と合っているので贔屓も入っていますが・・・あのミノックスが斜陽化するなかでも、不思議な人気があるようです。

マミヤは写真家兼発明家の間宮精一氏により1940年に起業、独自の設計思想を形にされ、伝説的なマミヤシックスや本格的な16mmのサブミニチュアカメラ、二眼レフなど、独創性のある製品で有名です、別ブログでもご案内しておりますので、内容的には ほぼ 同じことを書いていると思ってください。

さて・・・写真家兼発明家の間宮精一氏 ならではの切り口から「ミニカメラを作ろう・・」とまとめあげたマミヤ16スーパーの案内です。 右写真の1号機になります マミヤ16 の基本機能を踏襲しつつ、後継機のマミヤスーパー16 はサブミニチュアとしてはめずらしくシャッター速度にB.2.5.10.25.50.100.200 と低速を充実させた構造で、距離・絞りも使えるいわゆるフルマニュアル機で、チマチマしたメカと 何のひねり も無い?無骨な姿と 実用的かどうか ともかく1/2までの低速シャッターと、フィルターポケットに仕込まれたフィルター交換など、触って操作を楽しめるのが魅力だと自分は決め込んでいるのです。

パーフォレーションなしの16mm フィルム使用なので、好きなフィルムを16mm 幅にカットすれば自製出来、自家現像を基本として、38mmの引き伸ばしレンズを使って引き伸ばしも可能、今の時代なら現像後スキャナーで取り込んで・・その後は思いおもいに楽しめます、

画質は、解像力は・・・とヤボは言わないで おもちゃ? ですから、ポイントは50年は昔の製品でありながら、フレームファインダーのサブミニチュアとしては異例の∞から30cmまでの撮影範囲があるのですから、スペック上は高性能・・どうしてスパイ映画に出てこないのか、個人的に不満ではあるのです、カッコ悪かったですからねぇ スマートなミノックスにはかなわなかったのでしょう・・・過ぎたことです、ここでは、そういうことにしておきませう。

スペック的には前述通りの絞り・シャッターを備えた、いわゆるフルマニュアル機で、実用ともかくオモチャ的に巻上げ、シャッター、絞り、フィルター出し入れとギミック的な操作を楽しめるのと、やはりマミヤならではの飽きの来ない操作感と無骨でコンパクトなアンティークな姿が魅力だと思われませんか。

さて、マガジンを用意されて フィルムを自製すれば 実用も可能と思われる機械仕掛け フルマニュアルの小さなフィルムカメラ操作の捨てがたい良さを再発見いただけます・・・手間のかかるクラカメの楽しさを是非。

     ■年月を経たクラシックカメラです、シャッター、各部動作点検後の商品。
     ■ボディ表面に、お手垢などによるクスミ、軽い使いなずみあります。


















ページトップへ