カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 マミヤ マガジン35 + スペア マガジン

日本製 マミヤ マガジン35 + スペア マガジン

日本製 マミヤ マガジン35 + スペア マガジン

価格:

39,930円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 マミヤ マガジン35 + スペア マガジン

マミヤマガジン35は 1957(昭和32)年4月に発売され、レンズ・ボディとフィルム・ボディ(マガジン部)が、自由に着脱交換可能なボディ交換式カメラで、カラーと白黒が即時に交換でき「カメラのカメレオン」というキャッチフレーズでデビューし、話題を集めたらしい・・・正直、雑誌記事などではお目にかかっても、実物は今回が初めて、次のご紹介記事は『全日本クラシックカメラクラブ』のレポートを参考にさせていただいております。

時代はカラーフィルムが出かけた頃のお話になります、当時カラーフィルムは非常に高価で、諸記述を参考にしますとモノクロの20倍ほどしたらしい、このようにカラーフィルムが貴重だった頃に先を見据えモノクロとカラーを使い分けられるカメラに需要が集まるとみて、企画、開発したメーカーが数多くありました。

最初に、35mmフィルムで実現したのは西ドイツのアドックス300で、カメラ・イン・カメラ的発想で複数のフィルムマガジンを用意し、日中交換式としたものでカメラキッズホームページとブログにも掲載中です、1956年のフォトキナで発表し翌年年4月に発売されました。 その後、合体式?としたご紹介のマミヤマガジン35が追いかけるように発売されたのです。

しかし、期待に反し売れ行きは伸びません。マガジン交換を簡単確実化とするためには機構が複雑となり、その結果大きくて重たい高価なカメラになってしまったからだと言われています。

そんなにするのなら、カラー用、モノクロ用に2台用意した方が・・・という結果となって、いずれも成功しなかったようです。 マガジンの開口部をカバーするプラスティック板と革ケースは貴重です。 【 全日本クラシックカメラクラブのレポート一部引用 】

さて、当機は予備マガジンにレザー貼り付けなどあり、別途お揃えになられたか 複数のユーザーを経たと思われます、機能には問題ないのですが、見た目優先の方には不向きかと、ご注意ください。

扱い方もルールがあり、マガジンが外れない、裏蓋が開かない、シャッター切れないといった不具合のある機械が多いから、ちゃんと整備された機械を選んでほしい・・・と修理のオジさんからのお言葉です、もちろん当機は整備を済ませており、シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています。

外観的には経年の操作によるレンズ鏡胴先端部に目立つ小アタリあります、・それ以外は特に目立つキズなど無いのですが、MAMIYA ロゴ付きのマガジンだけはレザー貼り、ペイント落ちなど点在、機能的には不具合無く動作します。

     ■シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています。
     ■年月を経たクラシックカメラです、シャッター、各部整備後の商品。
     ■ボディ表面に、お手垢などによるクスミ、軽い使いなずみあります。
     ■写真のマガジン付属







































ページトップへ