カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 レオタックス F + FED 50mm3.5

日本製 レオタックス F + FED 50mm3.5

日本製 レオタックス F + FED 50mm3.5

価格:

24,990円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 レオタックス F + FED 50mm3.5

物語は・・・東京京橋のカメラ店店主の高野三郎が日本製カメラの品質向上を目指し1936年に昭和光学精機を設立、スプリングカメラのセミレオタックスで人気を得、将来は35mmの時代と認めライカを目標にするところから・・・始まります。

そっくりなパーツを作り組み上げるだけでは、部品それぞれのテンション、強度がオリジナルとは異なり、上手くいかなかったようです、結果独自の開発を重ねる方向へ進み、一見ライカと同サイズに思えるボディは、長さ・厚みとも一回り大きいのです。

1954年にボディを初めてアルミニウムダイキャストとしたモデルで、トップカバーもレンズマントまでエプロンの下がった一体整形となった。

シャッターはT,B,1-1000 となり、シンクロ付きだから性能的にはセルフタイマーなしのライカIIIf に近いと言える。

ボディ前面のセルフタイマーレバーに見えるのはM,Xシンクロの切り替えレバーです、思い込みで無茶をしないように お願いします。

また、刻印されている社名はショーワ・オプチカル・ワークス Ltd だったが、1956年から ご案内の F型のように LEOTAX CAMERA CO.LTD. に変わった。

このF型以降多くのバリエーションが展開されてこともあってか、生産台数も5000-6000台と言われていますから、いまとなってはレアなモデルになりそうです。

さて、クラシックカメラの代名詞のようなバルナックスタイルには、やはり沈胴式レンズが似合うというもの、手軽にお楽しみいただきたくて・・・ロシア製 FED 50mm3.5を組み合わせました。

念のため各機構とシャッター関連機構を整備いたしました、でも 半世紀を経た機械で 新品ではありません、新品並みのハードな使用されるおつもりの方はご注意願います。 ご理解いただきあの頃の作りこまれた出来ばえをお楽しみいただきたいと思います。 シャッター機構に3ケ月の保証が付いています。

最後に、レンズ状態として 年代なり 特に目立つ不具合はないのですが、無限ストッパーネジがオリジナルではありませんが、機能的には正常です。 ロシア製レンズとはいえ完全でないと…の方には不向きです、ご注意ください。

メーカーの意地と良心が形になっています・・・お探しの方にお届け出来れば幸いです。

     ■シャッター各部整備確認の商品。
     ■シリアル:257452 。
     ■距離計作動、∞概ね一致します。
     ■外観、使いなずみあります(写真参照)。
     ■写真のアクセサリー(カブセ式 黄フィルター、クローズアップ?)付属。


























         付属のフィルターですが透明な方はUVではなく凸レンズに見えます? 使用方法不明・・・

ページトップへ