カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 アサヒ ペンタックス SP黒 + SMCタクマー 55mm1.8

日本製 アサヒ ペンタックス SP黒 + SMCタクマー 55mm1.8

日本製 アサヒ ペンタックス SP黒 + SMCタクマー 55mm1.8

価格:

6,930円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 アサヒ ペンタックス SP黒 + SMCタクマー 55mm1.8。 

旭光学は1960年に、当時の西ドイツ・ケルン市で開かれたフォトキナで、レンズを通った光をピントグラスの中央部で測光する、露出計内蔵の「スポットマチック」の試作品を出品し、世界中のカメラ関係者の注目を集めた。

その後の研究で製品化されたのはcds 受光体をファインダー左右に1個ずつ置き、ピントグラス全面の平均輝度を測る方式に改められ、各種交換レンズ・ベローズ・顕微鏡撮影などでも常に適正露出で撮影できる。 【クラシック専科30 より抜粋】

今となっては当たり前ですが、TTL測光は画期的で超望遠でも狙った被写体の露出が分るという事に感激した思い出がある。 積上げてきた経験、無駄のない端正なデザインとペンタックス スポットマチックという名前が機械構造を上手く言いえて大成功。

この当時のペンタックスはSPとメータを省いたフルマニュアルSLの2機種と交換レンズだけで国内はもちろん、比較にならない広大な世界市場を相手にしていたのです。 物作りにかける意気込というか勢いが形となっていった、いい時代だったのでしょう・・・大したものです。

その中で、当時は報道用とかプロ用と言われたブラックペイントが少数発売されていたのですが、自分の記憶ではカタログには載っていなかった気がする。 ともかく、あまり目にすることが無かったのは確かです。

ブラックって特別な仕様となっているわけでなく、ただ黒いだけなのですが、ペイント仕上げのため それなりの方がお使いになられた機械は塗装が剥がれても 「 キタナァ〜」ではなく それなりの貫禄というか時代がついた佇まいになるのです。

肩から下げているだけで、「写真のセンセ・・とかプロフェッショナルだから‥」なんて暗黙の了解のようなものがあり、嬉しいような面映い気持ちで使ったものです。

状態として、ほぼ50年近く前の実用機で、一見キレイな方ではあるのですが・・ペンタ部に目立つ塗装落ち エッジその他に小さめの塗装落ち数か所あります、レンズもSMCタクマーなのにフルート部(ピントリングのキザミの事)に下地の見える操作スレがあり 残念です…外観優先 絶対無傷の方には不向きと思われます、ご注意ください。

機能的には電池室もキレイでメーターを含め妥当と思われる動作をします、念のため一通りの点検を致しました。

ブラックペイント仕上げの佇まいを 手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

     ■シャッター、メーター動作確認済み。
     ■外観 前述内容、ファインダー内部 小ボコり点在します。
     ■写真のアクセサリー付属します。  

























ページトップへ