カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 ホースマン VH

日本製 ホースマン VH

日本製 ホースマン VH

価格:

31,290円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 ホースマン VH

デジタル一眼が跋扈するなかにあっても、フィールドカメラを手軽に楽しめたら・・・と思っていらっしゃる方は結構多いのではないかと思うこの頃・・・ご興味をお持ちの方は3分ほどお付き合いください。。

始めようにも、カメラ・レンズ・三脚・フィルムホルダー・ルーペなどなど、メーカーなど選択肢を考えるだけで疲れますよねぇ

昨今、フィールドをお使いの方々がデジタル機器へ切り替えていらっしゃいます、一昔前なら壊れるまで使い込まれ、市場に出るのはコテコテのボロボロが当たり前だったのですが、いまはそうではありません、価格的にも見切り感があり、手軽に楽しめるいい時代ではないかと思っております。

大判趣味写真の世界では 大きく分けて 8X10 4X5 6X9 になるとして、フィルムなど感材の入手を考えるとやはり120規格が手軽だと思います。

さてホースマンVH ですが、姉妹機のホースマン980・985・VHRなどの距離計連動機構を持つ、速写性にたけた機械から距離計を外し、小型のフィールドカメラに特化したモデルになります。

自分の経験で恐縮ですが、ベッド部L型支持アーム改造のホースマン980が自慢で、見せびらかしていたころ、距離計連動ではレンズが決まってしまう事に、不自由を感じるようになり、ピントグラスでピント確認さえすれば大げさに言えばレンズ選択肢は無限です。

とはいっても、レンズボードの大きさの範囲になるのでしょうが、深度の深い短焦点ではビューファインダーを取付ければ手持ちスナップもOK 小型ならではの便利さで 可能になります。

ピントグラスが小さいので さらなる4X5の方が・・・との声もありますが、後の楽しみにするとして、6X9のピント面って6X6の二眼レフと そう変わりませんので、慣れれば済むことです、挑戦してみましょうぞ。

この度、ホースマンVH ボディ + プレスシャッター付き シュナイダー製 ラジオナー105mm4.5 と6X9ロールホルダーをセットでのご案内です。

状態として、年代なり‥、ご存知の通りホースマンの黒塗装はタフではありません、軽い摩擦に耐える程度と言われています。どうしても扱いは屋外が主、使いまわしは雑になり、一度 山などに持ち出すとダメージはあるものとご理解ください、写真の様に 塗装仕上げのエッジ部は下地が出ています、外観優先の方には不向きです、ご注意ください。

念のためシャッター機構を整備、レンズクリーニングも済ませました、シャッター機構に3か月の保証が付いています。 また 写真のレリーズとロールホルダーはオマケとしてお付けすることと致しました。

手軽に・・また自分なりのアダプター加工後、お気に入りのデジタル機の接続など、アレコレ楽しめるというもの・・・お探しの方にお届け出来れば幸いです。

     ■外観、操作持ち回りによる小アタリ・スレ・使用感あります(写真参照)。
     ■レンズはプレスシャッターにマウントされています。
     ■レリーズ、ロールホルダーはオマケとご理解ください。





















































ページトップへ