カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 信濃光機 ピジョン model-III

日本製 信濃光機 ピジョン model-III

日本製 信濃光機 ピジョン model-III

価格:

16,800円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 信濃光機 ピジョン model-III

1950年中頃、終戦後の復興から未来が見えかけた頃、写真機がステータスとしてカメラブームを起こすことになります、 よく言われる四畳半メーカーが乱立し、作れば作っただけ売れたんょ・・・と聞かされてきた記憶がある。

さて、信濃光機製とされるピジョン35、手元に系統だてた資料が無く、あてにしている camerapedia にもそれらしい記述も無く、Endo Syasin Yohin (エンドー シャシン ヨーヒン?)が代理店となって販売したカメラのブランドがPigeon:ピジョンで、折畳みカメラや二眼レフにもピジョンブランドがあり、エンドー社が扱った カメラは八州精機、信濃光機そして大城光学によりOEM供給された・・・などとも言われるのですが、時代によって流動的だったようで、年長のコレクターに尋ねど興味を示さず「コレです・・」と特定出来ておりません。 

当ピジョン は信濃光機製の深度スケール付きフォーカシングハンドルを備え、レバー巻き上げ式となったモデルで1951年の発売とあります。

ボディ(正しくはエプロン横)シャッター式のピジョン35 model-IIIの前期型だと思うのですが、散見するピジョン35とは軍艦部の デザインが微妙に異なるのもあり、違ったシルエットとなっているのもあるようです。

違いは 「ただ」それだけの事なのですが、デザイン的にチェコのフレクサレット風の深度スケール付きのフォーカスレバーがすごくメカっぽく・・・この手作り感のメカっぽさがクラシックカメラならではのいい雰囲気なのです。

その後、巻上げレバーの色が黒仕上げの後期 III 型となり、その後は手作り感の無いデザインの量産型となり消えていったようです。 

本機はスペック的にB.1.2.5.10.25.50.100.200の TSKシャッター、レンズはあの富岡光学の トリルーサー4.5cm 3.5 を載せ、目測式ピント合わせでありながら、高級っぽくまとめています。

機構的にはレバー巻き上げですが、コマごとに自動停止するわけでなく、機構的にノブ巻上げに近いのです、非連動のシャッターセットに目測式距離合わせといった、折畳みカメラを固定式に直しただけではあるのですが、この未完成の妙と言うのが・・・楽しめるのです・・・。

50年以上の年月を経たクラシックカメラです、整備をすませておりますが、新品 近代カメラなみのハードな扱いはご容赦として、あの頃を懐かしんで 「ゆるく」楽しんでいただければ嬉しく思います。。

     ■シャッター全速作動します。
     ■外観 使いなずみあります。
     ■レンズ、目立つ不具合無いように思います。
     ■写真のケース付属します(ストラップは劣化しています)





















ページトップへ