カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 ペンタックス 新SMCクマー 55mm2 

カタログには載っていない、オンリー輸出の・・・新SMCタクマー55mm2

日本製 ペンタックス 新SMCクマー 55mm2 

価格:

6,930円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 ペンタックス 新SMCクマー 55mm2 

国内ではまず見かけない・・・開放測光M42マウント 新SMCタクマー 55mm2



さて、ペンタックスはもちろん各社とも市場の活性化に合わせ、量産体制を整え、価格競争の始まる頃・・・ペンタックスは1959年に自動絞り機構のS2を発表し、連動するオートタクマー55mm2 そして 市場の拡大に合わせ望遠、広角とレンズを展開していったのです。

55mm2 は基本設計がシンプルで優秀だったのでしょう、大口径化を避け低価格でコンパクト、優秀なレンズと評価され、定番標準レンズとして生産を続け、スーパータクマ―から解放測光を組み込み新デザインとした新SMCタクマーの時代まで生産を続け全盛期を支えたロングセラーであった事は間違いない様です。



国内では55mm1.8が主力となり姿を消した55mm2は輸出モデルの高性能標準レンズとして生産を続け、全盛期を支えたロングセラーであった事は間違いない様です、またネット上で放射能レンズとも揶揄され、話題の多いレンズのひとつになるかと思います。 レンズ製造過程において硝材に含まれる添加物から微量の放射線が出るのだと思いますが、海外のウェブサイトやシャッターバグなどのマニア雑誌によると当時は他にもいくつか存在したようです。

自分ごとで恐縮ですが、名盤の 1:2/55 の箇所だけが黄色になっているのです、レバーセット式はそうではありませんから、何か特別な理由でも・・・と若造の頃、旭光学の営業の方に尋ねた返事が 『ただ、何となく・・じゃあないですか』 と調べもせずに切り返され「分からないから聞いているんだ、会社を代表する対応をするべきじゃあないのか・・」と不愉快な記憶となったレンズでもあるのです。

名盤ロゴの 黄色文字は新SMCタクマーでも健在・・・訳は 知る人ぞ知る事・・・として分からないまま40年近く生きて来たのです。

このレンズは、繰り返しになりますがKバヨネットマウントが登場する1975年近くまで、目立つ変更を加える必要の無かったのです、 どちらかというとプリセット的な当初期型オートタクマーから自動絞り機構を組み込んだスーパータクマ―、開放測光を組み込んだSMCタクマーまでレンズ構成が踏襲された完成形レンズではないかと思っているのです。



     ■トップの紹介写真はイメージとしてブログより引用分 。
     ■絞り機構各部点検済み。
     ■シリアル:6714749
     ■外観、使いなずみあります(写真参照)。
     ■ヘリコイド・絞りスムースに回転します。
     ■レンズに特に目立つカビなど無いように思います。
     ■写真の前後キャップ付属します。











ページトップへ