カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 キヤノン II S + キヤノン 50mm2.8  後期型

キヤノン II D にX接点を追加・・・限定1800台の キヤノン II S 

日本製 キヤノン II S + キヤノン 50mm2.8  後期型

価格:

35,700円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 キヤノン II S + キヤノン 50mm2.8  後期型

バルナックライカの模倣一辺倒の他社とは違った切り口から、一眼式距離計連動ファインダーを完成させ、前面のファインダ窓が二つのキャノン独特のスタイルが生まれます。 その後、ライカを凌ぐと言われた・・・距離計の有効其線長を補う変倍式ファインダーとノンコードFPシンクロ搭載、さらにX接点をも追加し、1/1000も達成した名機と言われるIVSbへの足がかりとなるキヤノン IID 型系が登場1952年から登場します。

IID 型は いわば IVSb から1/1000とシンクロを省いたコストパフォーマンス機で 20,000台以上も作られています。 その後巻上げノブ上にフィルム感度メモリーを追加した IID2 が2,600台作られ、さらにフラッシュ シンクロを付けた IIF の12,000台を経て、最終型の X接点を備えた 当機 IIS となるのです。

当機は従来のB.T.1.2.4.8.25.40.60.100.200.500大陸式シャッター係数から倍数系列に改められT.B.1.2.4.8.15.X.30.60.125.250.500 となっています。 さて特徴となるシンクロコード不要のダイレクトシンクロ端子がボディに取り付けられ、タイムラグ調整可能なマイクロスイッチを組み込んだフラッシュユニット Y 型が用意されていました。 

実用シンクロをお考えの方は、いらっしゃらないと信じますが、いるやも知れません・・・ご注意下さい。 またX接点(ストロボ同調)って、ボディにシンクロターミナルも無いのにシンクロコードはどこへ・・・と思って調べると、ボディサイドのソケットに差し込むアダプターが用意されていたようです。 ストロボをお考えの方は前述のアダプターは必携です・・・かなりレアです、念のため。

クラシックカメラの代名詞のようなバルナックスタイルのキヤノンには、やはりキヤノンレンズを組み合わせたいもの・・・・と いうわけで手軽にお楽しみいただきたく・・・3群4枚構成のテッサータイプの50mm2.8 の後期型を組み合わせました。 

「クモクモ・・が多いんやぁ〜」 と修理のオジさんが歌うように言ってるので、特に注意してのご紹介です、撮影に影響する目立つクモリもなく透明感もあります、もしかして珍しいのかもしれない。

当機の状態として、メッキ部に年代相応のサビ?、軽いスレ、使いなずみがあります、決してキレイではありません、無傷ピカピカの外観、見た目優先の方には不向きです、ご勘弁下さい。

念のためシャッター機構整備を済ませました、シャッター機構に3ヶ月の保障が付いています。、 

キヤノンがこだわった切替式ファインダーと倍数系列の新シャッターダイヤルのIIS をお楽しみいただけます。

     ■シャッター機構整備済み。
     ■距離計作動、∞概ね一致します。
     ■外観、メッキ部に前述のサビ?・スレ・使いなずみあります(写真参照)。




























ページトップへ