カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 ペンタックス S2黒 オートタクマー 55mm2 + サンズームほか

きっと、仲間に見せたくなる・・・動作する S2初期型ブラックペイント

日本製 ペンタックス S2黒 オートタクマー 55mm2 + サンズームほか

価格:

27,300円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 ペンタックス S2黒 オートタクマー 55mm2 + サンズームほか

手元の資料雑誌によると旭光学工業は既存のアサヒフレックスの機構をベースに従来の非規格専用マウントをプラクチカマウント規格とし、国産カメラとしては2番目にペンタプリズムを搭載した一眼レフ「 アサヒペンタックスAP 」として1957年5月に発売したのである。

アサヒペンタックス・・・の名前がペンタプリズム式一眼レフの特徴を一言で言いえる・・というか言葉の妙で、知名度も高まり、製造設備の整備や生産工程の大幅な見直しによって、量産体制を整える事で従来機種を越える利便性を確保しながら大幅なコストダウンをを実現しヒット商品を展開していったのです。

1959年5月にAP、Kの廉価機として登場したS2は最高シャッター速度を1/500と抑えられていますが、前面にあった低速側シャッターダイヤルを廃し、 現在の標準仕様である低速・高速を統合した1軸不回転式シャッターダイヤル とするなど操作性において利便性を高め、後継モデルのベースモデルとして定着し、主力機の性能に合わせてスペックアップが図られ、S2は最終的に最高シャッター速度を1/1000 とし、フィルムカウンターも自動復元としたS2スーパーとなったのです。

この当時のペンタックスはS2とS3の2機種と交換レンズだけで輸出用を含め世界を相手に市場を広げていったのです。 物作りにかける勢いというか意気込が形となっていった、いい時代だったのでしょう・・・大したものです。

ともかく、あまり見かけないS2黒に、サンのグリップによる絞り連動ズームのセットでのご案内です。 ボディ状態としてペンタ部にシューによるキズがあります、前ユーザーによるタッチアップ跡?が軽くありますが、以外は年代にしてはいい常態で残っています。 標準オートタクマー55mm2もほぼ同様状態、 付属品は当時の純正ケース・フードなどが付属します。

ともかく、ブラックペイントって「ただ黒いだけ・・」のお言葉通りで、白いS2と機能的には何も変わりませんが、ピカピカのクロームメッキのカメラが主流の時代、  ブラックはプロ用・報道カメラマン用なのだょ・・・と暗黙の了解のようなものがあり、嬉しいような面映い気持ちで使ったものです。

しかるべきユーザーに使い込まれたペイントのボディは、経年のスレとお手垢で使いなずんで、決してキレイではないのです、でも・・・それが時代が付いたというか「貫禄」として見えてきますから、人の目って不思議です。

当機は、前述のように激しく使われたのではないのですが、新品ではありません、「少しのスレも許せない・・」の方には不向きですが、保存カメラとは別に、手軽に使い込んで自分流に馴染ませてみるペイントカメラも楽しみのひとつなのでは・・・。

念のため、シャッター機構整備、レンズクリーニングを済ませました。シャッター機構に3ヶ月の保証がついています。 お探しの方にお届け出来れば幸いです。

     ■シャッター機構整備済。
     ■外観、軽度の使いなずみ、エッジ部に操作スレなどあります。
     ■シリアル:197815 259127。
     ■ミラーに特に目立つ拭き擦れは無いように見えます。
     ■サン製ズームレンズはオマケと思ってください。
     ■レンズに目立った拭きスレなど無いように見えます。































ページトップへ