カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 【見切り品】東京光学 MINION ミニヨン w/Toko 6cm3.5

日本製【見切り品】  東京光学 MINION ミニヨン w/Toko 6cm3.5

日本製 【見切り品】東京光学 MINION ミニヨン w/Toko 6cm3.5

価格:

4,400円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製【見切り品】  東京光学 MINION ミニヨン w/Toko 6cm3.5

MINION と 書いて ミニヨン と呼ばれている 東京光学の ミニヨンI型後期 のご案内・・・127規格のフィルムを使い4X5?フォーマットの機械として、1939年に発売され、戦後も作られた4×5判カメラであると、トプコンクラブのウェブページに紹介されています、

それによると レンズはトーコー・アナスチグマット6cm f3.5で、シャッターは精工舎のリヒトが装着されている。巻上げがI型後期のモデルから自動巻き止めになり、ファインダーもニュートン式が装着された。
 
背面には月ごと・撮影条件ごとのおおよその露出換算表が貼り付けられ、これをケースの裏側の一部分を倒してすぐに見られるようにしているのは親切である。といっても、シャッタースピードがB・T・25・50・100しかない上、当時のフィルム感度を考えるとおのずと撮影場面は決まってきそうではある。

このカメラの特徴はゲルトやボルダ判のカメラ同様、フィルムを軍艦部を外した上面から入れてセットすることである。 軍艦部のみならず、各部にレバーやボタンが付けられ、ワンタッチでファインダーや正面のカバーなどが開くようになっている。

4X5というフォーマットのため127フィルムには裏紙に対応する番号がなく、自動停止が早くから採用されることになったようです。【 トプコンクラブ記事参考 】


さて 操作方法としては二眼レフと同じで、まず初めに背面の赤窓でスタート点を合わせ、以降軍艦部後部のボタンを一度チェックしてストップするまでダイヤルを回せば自動巻き止めになる…結構よく出来ていたのです。

年代もあり、整備を済ませており、シャッター機構はもちろん各部h具合無く動作します・・ただメッキ部にサビが散在し見た目が良くありません・・・と 言う事でこの価格にて売り切ります。

繰り返しになりますが、念のためシャッター機構各部の整備、クリーニングを済ませておりますが、価格的に、3か月の保証はご勘弁ください。

新品ではありません、ほぼ70年を経たスプリングの反発力で動くアンティークな機械であるとご理解いただき、ピカピカ無傷をお探しの方はご勘弁下さい。 お探しの方にお届けできればうれしく思います。                                                     

     ■外観前述状態、経年のサビ、使いなずみあります。
     ■シャッター全速動作します。
     ■蛇腹にピンホールは無いように見えます。
     ■レンズは年代相応、特に目立つ不具合は無いように見えます(写真参照)。































ページトップへ