カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ドイツ製 イスコ・ゲッチンゲン ウェストロゴン 24mm4 エキザクタマウント

ドイツ製 イスコ・ゲッチンゲン ウェストロゴン 24mm4 エキザクタマウント

ドイツ製 イスコ・ゲッチンゲン ウェストロゴン 24mm4 エキザクタマウント

価格:

46,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ドイツ製 イスコ・ゲッチンゲン ウェストロゴン 24mm4 エキザクタマウント

広角レンズ・・・自分がペンタックスSVのユーザー時に初めて買った広角が24mmで、55mmに慣れた目には4倍強の面積が写るので、旅行中の電車/バス内では活躍しました、「広すぎる」と言う人もいますが、後ろへ引いて写し あと四隅をカットすれば頃合いの画角になるので、いまで もそういう眼 で、ある種の常用レンズ的に使っている。

さて、この度買取出張時に Isco-Göttingen WESTROGON 24mm F4 :イスコ ゲッチンゲン 24mm4 をお預かりすることになりました、イスコのレンズは標準アタリを多少扱った程度で24mmは今回初めてです。

この、イスコ 製 ウェストロゴン 24mmの 記述に際し、ネット上で 「M42 Mount Spiral 」という非常に詳しい解説をされている ブログを見つけました。

記述をはしょって申しますと  950年に世界初のスチル撮影用レトロフォーカス型広角レンズとなるAngenieux Type R1 35mm F2.5が登場し10年の歳月が流れて、フレクトゴン25mmや アンゼの24mm そしてご案内の ウェストロゴン24mm が出来上がることになります。

        

レトロフォーカスの仕組みはバックフォーカスを稼ぎ一眼レフカメラへの適合を助けるため、最前部に大きく湾曲した凹レンズ(メニスカスレンズ)を据えているのが特徴で、フランジバックを延長し一眼レフカメラに適合させる働きがある・・とのこと。

また、この当時の印象はやはり強烈なインパクトを放つ鏡胴のデザインであろう。Flektogon やEurygonのゼブラ柄デザインも凄かったが、Westrogonはそれらに 勝るとも劣らない堂々とした存在感である。

さて、状態ですが外観に年代なりの小さなスレ、レンズ内部には内面反射防止の黒塗装の劣化があります、白い小さな泡状に見えますが、塗装面でレンズ自体ではありませんが、見た目を優先される方には不向きなのは間違いありません・・・ご注意ください。

マウントはエキザクタゃけど、トプコンREにも使えるから・・と言われるのですが、絞り連動位置がトプコンは向かって左、エキザクタは右ですから、連動させて使うには手が足りず・・まぁエキザクタ専用です。

マウントにはM42もあり、 この程度の それは10万以上はするらしいのですが、エキザクタと言う事で このお値段となっております。

1960年のレンズです、絶対の内部状態/外観 にこだわる方には不向きです、ご注意ください。 機能的に不具合なければ…OK の方には手軽にお楽しみいただけるのではと思っております。

     ■専用前キャップ、ケンコー82mmフィルター、リアキャップ(社外品)付属します。
     ■レンズ 外観/内部 状態は前述内容、気にされる方はご注意ください。
















ページトップへ