カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 トプコン スーパーDM + RE GN トプコール M 50mm1.4 ワインダーセット

日本製 トプコン スーパーDM + RE GN トプコール M 50mm1.4 ワインダーセット

日本製 トプコン スーパーDM + RE GN トプコール M 50mm1.4 ワインダーセット

価格:

94,500円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 トプコン スーパーDM + RE GN トプコール M 50mm1.4 ワインダーセット

東京光学の一眼レフは 学生時代に レンズ張り合わせに紫外線を吸収するバルサムを使ったUVトプコール搭載機のウインクミラーS を使っただけで、社会人に成ってからも流通の関係で接することなく過ごしてきたのです。

それでも、東京光学のRE トプコール 58mm1.4 の素晴らしさは何度となく聞かされるので感化されていったのでしょう、個人的にも入手し マウント径の小さなエキザクタマウントにも関わらず f:1.4 の口径比でありながら f:1.2 を思わせる押し出しの効く外観は魅力的で、根強い人気に推されるようにして フォクトレンダー/コシナ から 数量限定でリメイクレンズが発売されたほどだったのです。

今回のご案内は「出品者のひとりごと・・」としてweb 公開されておられる 記述からの引用になります。

最近とみに市場価格が高騰している銘玉と讃えられている東京光学製標準レンズ『RE GN TOPCOR 50mm/f1.4 (RE/exakta)』です。当時の東京光学製標準レンズの中にあって「唯一のマルチコーティング」モデルであるが故に、モデル銘の中に「」刻印が含まれています。

この「RE GNシリーズ」の最大の特徴は、手に取って操作してみればすぐに「えッ?!」とオドロキを伴って理解できますが、無限遠位置から距離環を回した時に途中からいきなり「ググ〜ッ」と鏡筒が飛び出てくる他のオールドレンズとは異なる繰り出し/収納方式をする点にあります (通常繰り出し/収納は一定量なのが一般的)。つまり「可変直進式ヘリコイド駆動」なのですが、それは内部構造に「昇降機能」を持たせているからに他なりません。

では何故そのような特異な駆動方式で設計したのかと言えば「フラッシュマチック装備」が最大の目的です。

このフラッシュマチック機構は、ストロボのガイドナンバー (GN) をセットすると、自動的に適合する (ストロボの照射光が届く) 撮影距離と絞り羽根の開閉幅 (開口部の大きさ/カタチ/入射光量) が連動してセットされ、且つ絞り環のクリック感まで解除されてシームレスに (実絞り状態のまま) ピント合わせに集中できると言う優れモノです。

         

すると確かにフラッシュマチック機構を使わない (フラッシュ撮影をしない) なら意味がありませんが、実はフラッシュマチック機構を装備するが為に「専用の光学設計が必要だった」点が大変重要です。もちろん距離環の駆動方式 (鏡筒の繰り出し/収納) が特異である点も加味されますが、それは何だかんだ言って 写真には結果として現れることはないのです。

従来のヘリコイドとは異なる シームレスな (可変式の) 鏡筒繰り出し/収納方を開発しているのです、このモデルの素晴らしさは 外観からは まず 理解できないと考えます。全てはまさしく東京光学の意地を架けたとも言える・・・と 紹介されております。

さて、今回 セットで ご案内の Suoer DM ボディですが、RE super 発売後 ニコンF同様に 基本機能に マイナーチェンジを加えて後継機としているらしいのですが、自分の現役時代には扱い外で良く分かっておりません、そこで いつもバイブルと致しております お馴染みトプコンクラブの記述を引用させていただきます。

Suoer DM物語を駆け足で申しますと・・・ペンタックスが、ピントグラス面上にCdSの付いたアームを出し入れして測光するという、未完成品のスポットマチックをフォトキナで非公式に発表している間に、そのはるか上を行く 解放測光式TTLスペックのカメラを開発していた東京光学の技術とひらめきには全く恐れ入る。

1972年発売に登場した RE super は完成度が高かったのでしょう 同機構の輸出専用機が用意され輸出名が RE super から super D とされただけで両機の間に機構的な変更はなかった、ニコンF と同じく考え抜かれた設計と製造技術の確かさで変更の必要が無かったと思われます。



さて 状態ですが カメラボディ外観はブラックペイントの宿命で エッジ部と ボディ下部の底カバーに持ち運びスレ、テカリ?あります、ご存知と思いますが、トプコンのペイント仕上げは 軽い摩擦に耐える程度でそれなりです、

ペイント仕上げのものは 表面のクリーニング時は 拭きスレ や テカリが出るのを避けるため 極少のシリコングリスを使いますので、写真では 遠目ですので しっとり感が出た絵になっています。目視距離では反射角度によっては目立ちますので 絶対の外観をお探しの方はご注意ください。

メーターは光に妥当と思われる反応ちなるよう、整備を済ませておりますが絶体精度はどうでしょうか・・・業界では 動いておれば「生きてるょ」と言われておることを鑑みれば、いい状態だと自負しておりますが、絶対精度を保証するものではありません。

年代もあります、念のためシャッター機構/メーター/ワインダー機構の整備動作確認を済ませました、・・・このごろ キレイなものが少なくなってきました、繰り返しになりますが Super DM はペイント仕上げで軽い摩擦に耐える程度の強度で、使うにしたがって下地が浮き出る・・それが時代の付いた味になるのですが、アルコール、エーテル、シンナーなど溶剤系などには強くありません、 絶対新品ピカピカ の外観にこだわる方には不向きではないかと・・・ご注意ください。

レンズ整備が予想以上で 格安ではありませんが、レンズに似合ったボディとワインダーを揃えたつもりでおります、

整備、クリーニングアップされたワインダー付き Super DM と RE GN TOPCOR 50mm/f1.4 と をお探しの方に・・・いかがでしょうか

     ■写真のレンズキャップ付属します。
     ■レンズヘリコイド・絞り・シャッター・ワインダー機構とも動作します。
     ■ボディは軽い使用感、エッジ部のペイント落ち、お手垢などによるクスミあります。








































ページトップへ