カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 レオタックス K3 型 + フジノンL 5cm2.8

日本製 レオタックス K3 型 + フジノンL 5cm2.8

日本製 レオタックス K3 型 + フジノンL 5cm2.8

価格:

38,280円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 レオタックス K3 型 + フジノンL 5cm2.8



スローダイヤルからT.1.2.4 を省き 大型巻き上げノブと埋め込み型のカウンターの K3 型・・・

なぜか、個人的に私蔵する事の多かったレオタックス系で この時期のモデルには個人のベクトルがかかった案内になっているかもしれません…高価だった時代を過ごしてきたもので、行き過ぎはご容赦。

レオタックス物語は・・・東京京橋のカメラ店店主の高野三郎が日本製カメラの品質向上を目指し1936年に昭和光学精機を設立、スプリングカメラのセミレオタックスで人気を得、将来は35mmの時代と認めライカを目標にするところから・・・始まります。

1956年にはショーワオプティカル・ワークスからレオタックスと社名の変更にともない ボディの社名ロゴもレオタックス・カメラに変更されたようです。

その後、目指すところがあったのでしょうか デザイン的に独自の方向へ進むのです・・・ブライトフレーム付ファインダー、大型ノブ、フィルムカウンターを上バーが被い、1~500のシャッターが倍数系列となり、ストロボ時代を反映してX接点のみとしている、セルフタイマーは間違って動かぬよう少しく上へ異動して…TV型となるのです。

そのTV型からセルフタイマーと T.1.2.4 の低速を省いたK3型も同時に発売されていたのです、スペック的に見れば廉価機になるのですが、修理のオジさんは「この時期 1/1000の高速を出すため幕速を速くしていたから、無理がかかってたんゃ、またほとんど使う事のない T.1.2.4 を省き 30.15.8のスローのみ、最高速を1/500として低価格で発売するなんて メーカーの良心が形になってると ワシは思うけどなぁ・・」に感化されたのか 自分も ソダネーと頷いてるのです。

また この頃のレオタックスが一番のお気に入りの 理由をあげるとその後のエリート/メリットでは シャッターボタンの位置が前へ移動しているのですが、当機は従来のままで、ビゾ使用時もトリガーバーでレリーズ可能、数も4000台程度と少なく、

距離計を合わせ 目を右へ ずらすだけで光学視野枠ファインダーが確認出来るなど見やすく、大型巻上げノブの操作性も自分には扱いやすく、フィルムカウンターも見やすく 実用的で頑丈な姿に自分には見えるのです。

今回は、親しかったコレクター氏から随分前に入手して温存していたもので、ライカブームの頃は 特徴のあるデザインというだけで ライカでは無いにもかかわらず「えっ・・まさか」ってなこともあったのですょ。

さて、状態ですが外観的には一見キレイに見えます、よく近づいて見ると軍艦部左角 ファインダー上部に機能に問題の無い小アタリ、また小サビ散在します、一度気づくとソコばかり気になる方には不向きではないかと思います。 また よくあるシャッター幕の巻き付による幕の波打ちは、幕交換を済ませておりますので、滑らかな操作が可能です。

整備を済ませた K3型 を手軽にお楽しみいただきたく 当時は廉価版の前玉回転式のフジノンL 5cm3.5のセットといたしました、当時のフジノンは生産された絶体数が少なく、今となってはコレクターが握って放さないこともあって 希少アイテムで しっかりした絵作りを楽しめる定評のあるレンズです・・・価格的にも抑えてのご案内です、魅力的ではないかと・・お探しの方にお届け出来れば幸いです。

     ■シャッター幕交換 距離計など各機能整備を済ませました。
     ■シリアル:572328 554890。
     ■距離計作動、∞概ね一致します。
     ■外観、前述内容 特に気になるヨゴレ 目立つキズなど無いように見えます。




























ページトップへ