カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 ミノルタ 35 初期型 w/梅鉢 ロッコール 45mm2.8

日本版 24mmX32mmフォーマットの・・・ミノルタ 35

日本製 ミノルタ 35 初期型 w/梅鉢 ロッコール 45mm2.8

価格:

65,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 ミノルタ 35 初期型 w/梅鉢 ロッコール 45mm2.8


   想像以上の堅牢さと 24mmX32mm:日本判ファーオッマットの初期型 ミノルタ35

今は諸事情でカメラ産業から撤退された関西のカメラ総合メーカーのミノルタ・・・

ウェブ記述を信用しますと、歴史は古く日独写真機商店として起業、1929年(昭和4年)には、1号機を屋号の日独写真機商店の「ニ」、フォトグラフィーの「フ」、カメラの「カ」を合わせて創った冠名のニフカレッテを発売されています。

その後 社名をモルタ合資会社、千代田光学精工株式会社を経て 次に紹介するミノルタカメラ株式会社となっていったのです。

ニフカの後、1933年に田嶋一雄氏は『Mashinery and INstruments OpticaL by TAshima』の頭文字からMINOLTA:ミノルタと名付けたのです・・・これは仲良くしていただいたミノルタの技術者から教えていただいたから間違いないはず。


俗に言われる「 稔る田 みのるた 」は
田嶋一雄氏の心映えを言っているのだと思います。

さて、ミノルタ 35シリーズは日本で初めてのセルフタイマー付きのフォーカルプレンシャッター機であり、ミノルタ唯一のライカスクリューマウント機で、距離計連動機でファインダー窓はひとつの一眼式とした 先進のまとめ方。

ライカの出来が良すぎた為に、他の多くのメーカーが生産したカメラは、同様の部品を作り組み上げるだけ・・・結局はストレートコピーでしかなかった時代に、独自の路線を突っ走ったミノルタ。 デザイン、性能を初めとして、ミノルタ35は「ミノルタ製」なのです。

さてこのミノルタ35ですが、型式はⅠ型、マイナーチェンジというかバリエーションが展開された様で1948年から1951年にかけて製造されていた物と推測されます。

フォーマットは24㎜×32㎜の俗にいうニコンも同様の日本版、標準レンズも45mmに・・・。 36枚撮りのフィルムなら40から42枚撮れ、ちょっとお得・・・ですが、これは諸事情が絡み 後に24㎜×33㎜、24㎜×34.5㎜を経て24㎜×36㎜(ライカ版)に変更を余儀なくされました。

話がそれますが、当時、カメラは桁違いの市場を持つ海外に輸出して利益を得ていましたが、前述の日本版のカメラはGHQにより規格外のため輸出禁止とされ、24㎜×36㎜(ライカ版)フォーマットとなるのですがミノルタ35Ⅰ型は製造時期によってA,B,C・・・と区別されているようです。

また、時期によって端境期などは部品が入り混じり、各部に変更もあり楽しめるところでもあり 悩むところでもあるのです。

ご紹介の機械ではありませんが、資料本にはⅠ型のAタイプと呼ばれる物には「 MINOLTA-35 CHIYODA KOGAKU OSAKA」の刻印がされており、それ以降のご案内のミノルタ 35 は写真同様 「MINOLTA-35 C. K. S 」に変更されています。

さて、外観状態として年代にしては 保管が適切だったようで かなりいい方でしょう、念のため劣化硬化していたシャッター幕交換、シャッター機構整備、グリスアップ距離計整備、レンズクリーニングを済ませました。

日本版と言われる あの時期だけの24X32mmフォーマットを持つ占領下の日本製の機械です、 お探しの方にお届け出来れば嬉しく思います。

     ■シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています。
     ■状態は前述内容、年代に比べかなりキレイな状態に見えます。




    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

ページトップへ