カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 オリンパス 35-S w/Eズイコー 4.8cm2.8

日本製 オリンパス 35-S w/Eズイコー 4.8cm2.8

日本製 オリンパス 35-S w/Eズイコー 4.8cm2.8

価格:

7,920円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 オリンパス 35-S w/Eズイコー 4.8cm2.8。 

昭和30年(1955年)6月、オリンパス35シリーズの後継機として登場した35-Sは、国産レンズシャッターカメラでは初となるレバー式フィルム巻き上げ機構、セルフコッキング機構(フィルム巻き上げと同時にシャッターがチャージされる機構)、さらに連動距離計までも搭載とした斬新なアイディアが随所に盛り込まれました。

巻き上げレバーを採用、上カバーにファインダー機構を内蔵し、左右対称型のモダンなデザインは当時の流行だったと思われます、ノブ巻き上げを意識したまとめかたがあの時代だったのでしょう。

その後 同年9月には、あのワイドブームの先駆けとなる35mmレンズを載せたオリンパスワイドを市場に出します、全体的なフォルムは似ていますが 、シャッター位置がレンズの後ろにあるビハインドシャッターになっているのですょ。

その2年後に準広角といえる40mmを載せた 35 K を展開・・この35-K もシャッターをレンズの後に置いたビハインドシャッターを採用していたのです・・

オリンパスは レンズ交換式カメラを摸索していたのでしょうか、翌年の1958年にはビハインドレンズシャッター式のレンズ全群交換式のエースへと繋げていったのです・・・このアタリがオリンパスの独自・柔軟な発想の淵源なのでしょう・・・。。

さて 前述の柔軟な発想の基礎ともいえる 35-S、外観は特に目立つキズ/アタリなどは無いのですが 上カバー角あたりに小サビがあります、そう目立つほどでは無いのですが、外観を気にされる方には不向きだと思います、ご注意ください。

年代もあります、念のためシャッター整備、各部クリーニングを済ませました、価格的に3ヶ月の保証はご容願います。

機械的には不具合無く動作します お探しの方にお届けできれば嬉しく思います。

     ■送料:全国一律500円:日本郵便レターパックプラス520単品発送時(代引き、時間指定不可)。
     ■シャッター動作確認済み。
     ■年代相応の使用感あります。
 



















ページトップへ