カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 田中光学 タナック V3 + タナ― 50mm3.5

日本製 田中光学 タナック V3 + タナ― 50mm3.5

日本製 田中光学 タナック V3 + タナ― 50mm3.5

価格:

69,740円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 田中光学 タナック V3 + タナ― 50mm3.5


バヨネットマウントの和製バルナックとか 和製M3 とか言われた・・・バヨネットマウントのタナック V3


田中光学工業が1952年から1959年まで製造したライカコピーがタナック。 初めから裏蓋がヒンジによる横開きであった以外は ほぼライカに忠実であったとのこと。

IIC、IIIF、IIIS などのバルナックタイプモデルが展開された中で SD型のみがニコンS2型というかコンタックス風のデザインになっていたらしいのです、ほとんど見かけませんから、数は思うより少ないのかもしれません。

そのSD型からバルナックタイプに戻し、巻き上げノブを巻き上げレバーに、巻き戻しノブをクランクとし、さらに非規格ではありますが、独自の三つ爪バヨネットマウントをを採用していた タナック V3 が1958-1959年にかけて製造されたと ICS 国産レンジファインダーカメラ に紹介されています。

専用の標準50mmタナ―レンズはバヨネットではなくスクリューマウントのみでマウントアダプターとセットで 従来のM39マウントで発売されています 、当機には時系列が一致しませんが ソリッドのタナ― 50mm3.5が無料で付属します。 ご存知の通り アダプターは非規格でタナック専用です、ライカなどのL/Mアダプターは取りつきません、紛失されないようお願いします。

話が脱線しますが24-5年前になりますか、ライカブームの頃に仕事がらみで、世界的なライカコレクターのハプスブルグ氏と・・・「バヨネットマウントのバルナック に興味あるか?」 ってな内容を電話で話した思い出がある、仲間内では ハプスブルグ製ゃからなぁ..何でも作るらしいで・・・とか揶揄されたりしていたから どうだったんだろう、一度見てみたかった。

さて、当機の状態ですが、年代による劣化もあり、シャッター幕の硬化、スローシャッターブレーキのネバリ、距離計ズレなどコテコテ状態・・・珍しい機械になると思われますので、修理のオジさんに幕交換とグリスアップ整備をお願いしました。

さて、状態として 年代なりの操作感 メッキ部には軽い操作スレがあります、写真では遠目ですからキレイに見えますが、明視距離からでは反射角度によって目立ちますので、絶体の外観を要求される方には不向きだと思います。

決して格安では無いのですが、整備され不具合無く動作するものが無くなりつつあるなか、動作品の希少性が付加価値となって値段になっているとの事・・・と言う事で レンズはオマケと致しております、出来るだけ 価格を抑えてのご案内です。

前述通り 劣化 ヒビ割れしていた幕を交換、シャッター、距離計整備とレンズクリーニン具を済ませました、シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています、 不具合の無い タナックV3 の操作を お楽しみいただけます。

     ■シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています。
     ■状態は前述内容、軽い使いなずみあります。
     ■写真のアクセサリー付属。

  

















ページトップへ