カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ドイツ製 ツァイス・イコン コンテッサ

ドイツ製 ツァイス・イコン コンテッサ

ドイツ製 ツァイス・イコン コンテッサ

価格:

23,100円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ドイツ製 ツァイス・イコン コンテッサ

思うところを ひとつ…カメラメーカ各社が集まり結成したツァイスは自動展開の折り畳みカメラ:イコンタで大成功、余裕の資金で新製品を開発販売して行くのです。 ご紹介のコンテッサは35mm規格折り畳み式、ドレ―カイル式距離計連動、読み取り式デュアルレンジセレンメーター を組み込んだ高級機として1950年代に登場しているのです。


感心するのは ある日突然コンテッサが完成形で出来上がるとは思えず、はじまりのイコンタからスーパーイコンタ➡スーパーセミイコンタ➡スーパーシックス➡スーパネッテル➡イコネッテ➡イコンタ35 そしてコンテッサにたどり着くのでしょう。 この間の試行錯誤が力を蓄え、物つくりの経験から高い熟練度を持つ人を育てた総合企業の協力結果としてあるのだと自分は思ってのです。

Classic Cameras Price Guide 2000 の記述によると右写真のイコンタ35に距離計を組み込み連動させ、セレン単独露出計を内蔵、連動距離計はドレ―カイル(光学楔)方式で、したがって本来ならばスーパーイコンタ35 と呼ぶべきものである。


レンズは1953年9月末までがオプトン・テッサーで10月1日からカール・テッサーになる、シャッターもX接点付シンクロコンパーラピッドからMXシンクロコンパーになる。

シャッターはセルフコッキングではないが、フィルム進行によるスプロケットの回転で多重露出防止機構が解除される機構のためフィルムを入れないとシャッター操作が楽しめない。  【 Classic Cameras Price Guide 2000 参照 】

コンパクトなボディに技術者の思いが緻密に詰まっています、機械らしい佇まい、また、このテッサーは、ツァイス独自のTコーティングを示す、赤い「T」文字が刻まれている。発色・コントラストは素晴らしく、シャープネス・解像感も充分で、たいへん切れ味の良い描写が定説とされています。

ソースが不明確ですが Opton Tessar は描写が硬い?との風聞もあるのですが、このテッサーも同時代の東ドイツ製のものに比べると、シャープなだけにややコントラストの高い硬調な絵になるからでしょう・・・あくまで個人の意見です、軽くお聞きおき下さい。

小理屈ともかく、よく撮れるので 少し高価ではあるのですが根強い人気を保っているのです。

お探しの方に お届け出来れば幸いです。

     ■年月を経たクラシックカメラです、シャッター修理整備済み商品。
     ■レンズに特に目立つカビやクモリは無いように思います。
     ■軽い使いなずみあります。
























ページトップへ