カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ドイツ製 プラクチカ ペンティ ゴールド

プランジャー巻上げのハーフサイズ・・・ペンティ

ドイツ製 プラクチカ ペンティ ゴールド

価格:

6,720円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ドイツ製 プラクチカ ペンティ ゴールド

ペンティ シリーズはアグファによる Schnell Lade System (SL式)、我国ではラピッド式と呼ばれる新規格の簡易装填式フィルム用のハーフサイズカメラとして1961年に登場、いつも 頼りとしている情報源の camerapedia によると 1958年から1977年にかけて相当量が製造されたと紹介されています。

当初は Penti ではなく Orix の名で販売され その後 1964年にペンタコンが設立されるによって Penti (ペンティ) と改めています。 ご紹介の初期モデルは基本設計が良く出来ていたのでしょう、大きな設計変更をする事無く、デザインをシェイプアップした後継機を投入、カラーバリエーションも数種類展開されたとあります、ご興味をお持ちの方はその方面をお調べいただきますようお願い申し上げます。

さて、その初期型ペンティは曲線でまとめられた可愛いデザインだったのですが、その後 ペンティはシャッター、絞りと距離操作の利便性のため操作レバーをプラスし、
レンズが大きく張り出したこととあわせて、右写真のように角ばったフォルムに変化したものを I 型と呼び、さらにそれにセレン露出計を組み込んだモデルを II 型と呼んでいるようです。

機能的にはアルミシートプレスボディーにメイヤー・トリオプラン30mmF3.5 をB.30.60.125 の4速シャッターにマウントして載せ、巻上げはプランジャーと呼ばれる突き出た棒を押し込むことで巻き上げとシャッターチャージとフィルムカウンターセットが完了します、キラキラの外観の割にはラフな構造なので あまり期待なさらず、プランジャーはゆっくり最後まで押し込みましょう・・・お約束です。

状態として、外観アルミ部に僅かなスレあり、クリ−ムカラーのペイント部に塗装落ちあります、目立つところです、一度気付くと「 そこ 」ばかりが気になるものです。 

見た目 外観にこだわる方には不向きな状態です、通常操作後 保管されたと思われます、いまとなってはフィルムの入手も大変、実用には不向きなのは間違いありません、「フィルムの無いカメラなんて何すんのょ・・」のお言葉は ごもっともですが・・・

金ピカのカメラなんてそう見かけるものではありません、さらに 例を見ないハーフサイズのプランジャー式巻上げ・・・はペンティ シリーズだけ(多分ソウ )とご理解いただき、ゆるり・・と操作を お楽しみいただくのも いいのではないかと・・・。

     ■シャッター整備・各部点検確認済み商品。
     ■レンズに目立つカビやクモリは無いように思います。
     ■外観に前述のスレあります、写真のケース付属します。
 























ページトップへ