カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ドイツ製 シュナイダー ジンマ―S 150mm5.6 マルチコート

ドイツ製 シュナイダー ジンマ―S 150mm5.6 マルチコート 

ドイツ製 シュナイダー ジンマ―S 150mm5.6 マルチコート

価格:

14,080円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ドイツ製 シュナイダー ジンマ―S 150mm5.6 マルチコート

シュナイダーと言えばツァイスと共にドイツを代表する世界的レンズメーカーで、写真用に限らず幅広い分野でその技術力を展開しています。

その中で大判カメラ用として定番レンズになると思われるジンマ―の後継型のジンマ―S マルチコート型の案内です。

さて 当初のジンマー F5.6 はレンズの特性から 前玉を外して後玉のみでも使えるようになっており、鏡胴に通常用の白刻印、前玉外し用の緑刻印の2通りの焦点距離と絞り刻印があったとのこと。

ウィキペディアの記述によると 写真家の土門拳が 彼 一流の「後玉外し(前玉のみ)」で使用しているが、これは本来誤用である・・とのこと。 前玉外しの状態で開放にすると少しソフト描写になり、イメージサークルが直径で約1.5倍に広くなる。(カタログでは前玉外しの状態では包括角度40度で前後玉使用時のイメージサークルよりやや小さい。)

そのジンマ―も 後継型のジンマーSになってからは前玉外し用の刻印はなくなっていますから、前述の用方は今の時代には適さないのかもしれない。 次の種類が展開されていたようです。

     ジンマーS100mmF5.6
     ジンマーS120mmF5.6
     ジンマーS135mmF5.6
     ジンマーS150mmF5.6
     ジンマーS180mmF5.6
     ジンマーS210mmF5.6
     ジンマーS240mmF5.6
     ジンマーS300mmF5.6
     ジンマーS360mmF6.8
     ジンマーS480mmF8.4
     ジンマーS480mmF9.

ご案内いたしますのはジンマ―S 150mm5.6です、

この度の150mm5.6はイメージサークルがf::22で220ありますから、5X7 フォーマットを十分カバーする性能を有します、4X5でアオリを効かすにも余裕ですから、定番レンズに選ばれる理由のひとつなのでしょう。 当レンズには Linhof のロゴが見えますから、リンホフ用に供給されていたレンズであった『 選ばれしレンズ 』だったのでしょう。

価格的にも抑え レンズクリーニングとシャッター整備を済ませており シャッター機構に3か月の保証が付いています・・・大判レンズをお探しの方に オススメです

     ■年月を経たクラシックレンズです、クリーニング済み商品。
     ■レンズ外観 年代相応 特に気になる拭きスレ無いように見えます(写真参照)。
     ■写真の前後キャップ 付属します。















ページトップへ