カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 ミニカム スクープフラッシュ SF6040

AC、専用充電池、単一電池6本などの電源に対応する・・・

日本製 ミニカム スクープフラッシュ SF6040

価格:

31,290円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 ミニカム スクープフラッシュ SF6040。 

カメラを扱う楽しさの中に、アクセサリーがあります、製造メーカーも多く、その時々の中で工夫された物や なるほど・・と感心させられたり、中には首をかしげたくなるものなど、集めて、揃えて楽しめます。


「ミニカムって・・・何?」 写真が趣味の方でもほとんど馴染みの無いブランドなのかもしれませんが、 でもミニカムの社長さんは、戦前からフォトジャーナリストとして有名 な堀野正雄氏です、自分が使いやすいなら皆も使いやすいに違いない・・・といって、フラッシュガンを作ったり、いちはやくストロボも手がけたようです、ご 興味のあるお方はその方面をお調べ下さるようお願いします。

従来のスタジオ据え付けのAC電源専用業務用ストロボを、コンパクト化し ゼネレーターと呼ばれるコンデンサーを含む電源部と「 ガイドナンバー80-140 」前後の放電管のみの丸型発光部とした独特のまとめ方で、
電源が内蔵され移動も簡単 営業写真や観光地の記念写真屋さんにとっては、、絶対のストロボ。

あの頃は 構造的にソリッドステートではなく トランジスターとキャパシターなどを組み合わせ基盤にハンダ付けなので、長期のメンテも可能、結構タフなつくりなのです。正直、知名度も高くないし特別 「カッコいい」 とも思いません。 

ほぼ50年前・・・自分は写真を学問として学んだ時に、幸運にも単一電池6本を電 源とするスリー・トランジスター式ミニカムTT-100 ストロボを自由に使える機会があり、ストロボにしては閃光時間が1/300秒と長く、光の回り方がなめらかなのが気に入ってミニカムファンになってしまっているのです。


20843その後、デザインは 右写真のように その当時のまま 単一電池を密封型Nicdアルカリ( 7.2V 4000 mAh ) 充電式とした 今回ご紹介の SF6040 が登場したのです、といっても概ね40年強前なのですが・・・。

SF-6040 は専用電池に特化しているのですが、基本構造はTT-100と同様で 接点をつなげば単一6本で動作しますので、AC、専用Nicd、単一アルカリ6本 の3電源式と ある意味便利で、50年来基本デザインが変わらない・・・というのもお気に入りで、集めては 整備をして 今でも使い続けているのです。

ミニカムもなくなり、ミニテクノって会社がメンテをなされており、今でも専用密封型Nicdアルカリ( 7.2V 4000 mAh )電池も14,000円ほどで入手できるのも」いいと思われませんか?

当時10万円を超えたストロボで特定のユーザーと警察鑑識ご用達だったのも納得できてしまう・・・そんなこんなのミニカム SF-6040 いかがでしょうか。


年代もあります、電気製品特有の経年変化など ご理解いただき、ガイドナンバーもご確認の上ご使用いただける方には・・・魅力ではないかと思います。

     ■クラカメのいい時代です・・考え工夫されたアクセサリーを是非お楽しみ下さい。
     ■送料無料。
     ■外観、スレ、使いなずみあります、写真をよくご覧下さい。
     ■写真のニカド電池は付属、年代なりの状態、新品ニッカドは14,000円にて・・


























     単一6本を直列につなぎ、接点を用意して接続すれば、当座は賄えますので、アマには便利かも・・・



日本製 ミニカム スクープフラッシュ SF6040

価格:

31,290円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ