カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

スイス製 ボレックス H8 Reflex + Macro-Switar 12.5mm1.3 , 38m1.4

スイス製 ボレックス H8 Reflex + Macro-Switar 12.5mm1.3 , 38m1.4

スイス製 ボレックス H8 Reflex + Macro-Switar 12.5mm1.3 , 38m1.4

価格:

39,380円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

スイス製 ボレックス H8 Reflex + Macro-Switar 12.5mm1.3 , 38m1.4


これが、ボレックスのオートフェーダー・・・メカの極め付き ハイエンド8ミリ・・・BOLEX H8 Reflex

ほぼ45年ほど前になりますか・・・小型映画という雑誌に感化され8ミリの機械に凝った時期があり、別に作品を撮るわけでもないのですが、同趣の面白がりが集まり 「映画ごっこ」をするわけです、取り立てた才能/能力の無かった自分は機械を揃えたり、記録係程度のパシリだったのですが、今となっては その頃の思い出が、脳内海馬の奥深くにしまわれたのか、心のひだに沁み込んでいるのか 忘れたくても忘れられない。

さて、その頃に彼女がいたわけでもない自分は、 自由気ままに使えた小遣いで お気に入りだったボレックス製8ミリを買い集めては机上に艦載機よろしく並べては喜んでいたのです。

今回は その中から特徴のある Cマウントターレットの ボレックス H8 Refrex のご案内です、

さて、資料記事などをまとめますと ボレックスH8(Bolex Model H8 、1936年発売) は ボレックスH16型のボディーを流用したダブル8規格の8ミリで、レンズマウントは3本ターレット式で、コマ速度は 1、12、16、18、24、32、48、64コマ/秒のマルチスピード、

フレームは基本的に16ミリですから 2.6kg と大きく重いが、100フィート巻のダブル8フィルムが使用出来、供給と巻取が独立したダブルスプロケットによる安定したフィルム送り機構、一巻き6mも送れる強力なスプリングモーター、精巧な尺度計とコマ数計を備え巻戻撮影も可能。

さて、ご案内のモデルは 名前通り焦点面のあるレフ式ですから レンズを通したピント合わせも可能ではあるのですが、小さな焦点面のため 別売りの 外付けファインダを使う方が楽だったのでは思われます・・・ともかく プロ機並みの機能を持っていたためハイエンド8ミリ愛好家の間で長く愛用されたモデルだったのです。

話しが 少しくズレますが・・当時は ダブル8からスーパー/シングル8の時代になって、ダブル規格のボレックスH8 をダブルスーパー規格改造したボレックスH8ダブルスーパー機(キヤノンスクーピック同規格)が出回っていたらしいのですが、きっと高価だったのでしょう 自分は見たことがありません。

スーパー8改造機は画面の関係から、レンズのイメージサークルも異なるので 16mm用レンズを流用のためCマウント規格が多いのですが、Cマウントの8mm用レンズも用意されいたかも・・・?当機はダブル8用レフレックスレンズ Cマウント規格 ターレットで、マクロスイタ―の12.5mm1.3 H8 RXと38m1.4 H8 RX の専用レンズが付属します。

マクロスイタ―の優秀さは シネ用だけではなく アルパなどスチル用でも有名ですのでご存知の方も多い筈・・・当レンズは絞りと連動して赤いドットが鏡胴部に表示され深度が分かるなど、この気遣いがユーザーの心をつかんで離さないのだと思いますねぇ・・・。

また、本機には、後付けのオートフェーダーが付属します巻き上げクランク部に取り付いているのがそれで、撮影中にレバー操作するだけで、フィルム送りに連動して 開角度変化によるフェードイン/アウトが出来るのです、その様子が見えますのでギミックとしても楽しめ、当時としては究極のメカだったと聞いておりまして、探し・・さがして 入手したときは嬉しかったなぁ。

レンズは 前述の2本が付属、とくにめだつカビなどは無いのですが、年代なりとご理解ください。
  マクロ・スイタ― 12.5mm1.3 H8 RX
  マクロ・スイタ― 38.0mm1.4 H8 RX

ほぼ70年を経た、ゼンマイの反発力・ドラムのはずみ力で動く機械仕掛けの8mmカメラです、テストフィルムでのフィルム送りは確認いたしました、絶対の精度を保証出来るものではない事をご理解いただける、クラシックなゼンマイ式8mmファンの方々にはオススメです。

    ■シャッター 全速作動します。
    ■各レンズ、出来る範囲のクリーニングを済ませました。
    ■電動ではなく、スプリングの反発力で動くものである事をご理解下さい。
    ■本体には100フィートリールが付属、写真のフィルム類はイメージです 付属しません。





















ページトップへ