カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 木川光学 (カール光学) カール-6 Carl-6

ツァイスではない・・でも、心地よい響きの・・ カール-6

日本製 木川光学 (カール光学) カール-6 Carl-6

価格:

6,930円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 木川光学 (カール光学) カール-6 Carl-6

どちらかというと カールって名前よりツバサの方が知られているかもしれない、カール光学としての時期が短く生産数が少ないようで・・・なにかれとお教えいただいた先哲、先輩コレクター諸氏の関心を惹かなかったのかどうか、自分は教えられた記憶が無いのです・・・今となっては何とも言えず、次の案内はウェブ上の camerapedia の受け売りになりますがご容赦、関心をお持ちの方はその方面をお調べいただきますようお願いいたします。

前述 camerapedia からの情報で恐縮ですが、 Kigawa工学(光学)は 1930年代半ばに登場する、日本のカメラメーカーだった。 1930年代と1940年代初期の間は Optochrom-sya 、日栄商会が販社とされ、販社ブランドで市場に出たと考えられます。

戦後、1945年にGHQの認可をとって 新日本工業と改名され、その後木川光学を名乗ったようです。 そして1952年にカール光学となるのですが、時代に飲み込まれるかたちで翌年には消えたようです。
  【 camerapedia 参照 】

そのカール光学によって Carl-6:カール-6として1952年から1年間だけ生産されたのだと思われます、I 型、II 型が存在するようで、シャッタースピード1/10から始まるのを I 型と言い、B.1.2.5.10.25.50.100.200 と低速付を II 型と呼ばれる事が多いようです。

フォーマット切替もヒンジ式の可動ブレードとし利便性を高め、作りも確かで、欧米の方々によるネット書き込みが結構多いですから、何かが人気を支えているのでしょう・・・透明度の高いCARL Anastimat 80mm3.5も、もしかしたら意外と写るのかも知れない。

さて状態として、メッキ部に年代相応の軽いサビ、お手垢で使いなずんだ外観は否めませんが、特に目立つアタリキズは無いように思います。 レザーや蛇腹部も年代相応、自己判断になりますが、標準的な年代相応中古状態だと思います。 

機能的には不具合無く動作します、でも新品ではありません、塗装も劣化し年代なりの外観です、ピカピカを期待される方には不向きですご勘弁下さい。 ほぼ60年を経たスプリングの反発力で動く、あの戦後ドサクサの日本製の機械であるとご理解下さい。

念のためシャッター整備・各部クリーニングを済ませました、露出条件さえ適えば実用も可能かと思われます。

カメラ先進国の後を追いかけるように、形だけでも・・と夢を紡いだころの機械です、過大な期待は避け 「ゆるく・・」お楽しみいただければと思います。 お探しの方にお届け出来れば幸いです。

     ■外観、経年の使いなずみあります。
     ■シャッター全速動作します。
     ■蛇腹にピンホールは無いように見えます。
     ■レンズは年代相応、特に不具合は無いように見えます。
     ■写真のケース付属します。























ページトップへ