カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 ペトリ FT EE + C.C Auto 55mm2 EE auto

 ペトリ FT EE + C.C Auto 55mm2 EE auto

日本製 ペトリ FT EE + C.C Auto 55mm2 EE auto

価格:

5,460円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

 ペトリ FT EE + C.C Auto 55mm2 EE auto。 

ペトリの歴史は古く、パーツを含む部品すべて自社生産の会社で、蛇腹式折畳みカメラなどを、低価格で良質の製品を市場に出しています。 一眼レフの市場には低価格にて攻めるしかなかったのでしょう、独特な構造のシャッターとデザインのペトリの一眼レフは、最終的には安かろう・・悪かろう・・のイメージをユーザーに与え市場から消えていくのです。

ペトリ関係の方々には申し訳ないのですが、正直言って決して調子のいいカメラでもなく、しかも一軸カムシャフト フォーカルプレーンとでも申しましょうか、独特のシャッター構造は修理しやすいカメラではなく、 修理をされる方も少なく、スローシャッターの調子が悪いカメラが多く、完璧に動く物の方が少ないと申し上げた方がいいかもしれません。  

標準セット以上にレンズを揃えるユーザーもマレで・・このようなカメラなのですが、違った切り口のボディデザインや斜めに取り付けられたシャッターボタン、などに不思議と人気があったりします。

さてM42にネジマウントで登場したペトリペンタはバヨネットマウントに変更それまでのペンタから始まるデザインを一新し、プリズムカバーを軍艦部と一体化して、すっきりさせたモデルが登場します。

FT EE は最終期のモデルと思われます、全機械式でシャッター速度優先のEE機構とした一眼レフとして登場・・、従来のマウントを踏襲し、絞りオート対応のEE auto レンズをセット、 他にも交換レンズが存在したのか未確認で、ご興味をお持ちの方は、その方面をお調べ願います。

当時としては画期的な低価格であったのですが、声もかからず ショーウィンドーの末席に押し込まれ、避けて通るような扱いで現役で販売した記憶がない。

当機は前述通り、シャッター速度はもちろん、EEにすると被写体の明るさに応じ絞りが変化するのです、ほとんどの機械が沈没している中で不思議な気がします。

状態として底カバーにスレ、レンズに小カビありますが、前述とおり動きます・・・修理のオジさんも「動いとんやったら下手にさわらん方が・・」 と手を出さない。

動作中の現状渡しとなります、実用よりも 『珍しい、動く保存カメラ・・』とご理解いただければ助かります。

ある意味 ちょっと希少でカメラ談議の肴に、コレクションに・・・お楽しみいただければと思います。

     ■シャッター各部、年代なりの動作中。
     ■外観前述内容、使いなずみ、小カビ、スレなどあります(写真参照)。
     ■マウントはペトリ専用バヨネットマウントです。



















ページトップへ