カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 ミノルタ オート セミ

日本製 ミノルタ オート セミ

日本製 ミノルタ オート セミ

価格:

19,950円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 ミノルタ オート セミ

あの戦争前の国産カメラ・・・いい時代だったのだと思います、大英帝国による富裕層ご用達 超高級手作り木製カメラをドイツは板金による量産化で大成功・・・我が国はその後を手本として追いかけるだけで よかったのです。

オート セミ なんて近代的なネーミングではあるのですが、裏窓式のフィルム送りの時代に フィルム巻き上げ自動ストップ機構搭載という事でオート セミ、さらに距離調整に連動する距離計と視野枠をひとつにまとめた一眼式距離計連動機として登場したのです・・・1937年(昭和12年)の事。

自分の生まれる10年以上前の事ですから 知るわけもなく、頼りの camerapedia によると一眼式連動距離計を持つ数少ない日本製スプリングカメラとされ、レンズは旭光学製 3群4枚のプロマー75mmF3.5、シャッターは1/400の高速が可能な自社製クラウンラピッドが採用され、デッケル社のコンパーシャッターが載せられたものもある・・・とされています。【 camerpedia 参照】

正直・・・自分も雑誌などで見聞きしてはいるものの、オート セミ を手にするのは4-5度目くらいで、機械機械した姿に見とれていたのか、修理のオジさんに「 ホンマに嬉しそうやなぁ・・・売ってる あんたが買いそうやで 」 なんて揶揄されてしまった。

特徴と言ったって、ホルダー部の自動巻き止めになるのですが、ドイツ某社のコピーもどきで、使うフィルムの裏紙の厚さによって送り量が違うのは もちろん、勢いあまって巻き上げるとコマ跳びするとか 絶対ではなかったようですが、惚れた弱みで「 ソレ 」もまた・・何と言うか、デキの悪いヤツほど なお可愛いくなるのです、何と言っても戦前の機械です。

さて、状態として上下カバーメッキ部に染みついたヨゴレ、持ち回りによる軽いヘコミとスレ等はご容赦いただくとして、ほぼ80年近く前の機械としては比較的いい方だと言えます。 距離計の二重像もシッカリし.距離調整も滑らかな動きをしています。 

蛇腹も健康、レンズも年代相応クリアーな状態を保っています。 念のためシャッター整備、動作点検を済ませました、シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています。 

日本発の一眼式距離計連動、コマ送り自動停止式折畳みカメラになる ミノルタ オートセミ・・・作り込まれた良さがあります、手軽に楽しめる機械をお探しの方にオススメです。

     ■外観、前述内容、年代相応の使用感あります(写真参照)。
     ■シリアル:6177。
     ■レンズ 特に目立つ不具合は無いように見えます。
     ■シャッター全速動作します。






























ページトップへ