カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本製 コニカ IIB-m

ダブルヘリコイド式沈胴を省いた・・・コニカ IIB-m

日本製 コニカ IIB-m

価格:

9,870円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

日本製 コニカ IIB-m

小西六の初めてコニカと命名された35mm判コニカスタンダードの 後継機として多重露出防止機構や引き出し式の沈胴を利便性の高いヘリコイド式とした コニカIIを発表します、 セルフコッキング(巻上げと連動してシャッターがセットされる)は 未搭載ですがボディレリーズを完成、 時代の流れにあわせダブルヘリコイド式沈胴から固定鏡胴へ、シャッターも専門メーカーのSEIKOSHA-MXに、もちろん無加工でマウントしているので、リリースレバーを押すことで多重露出も可能です。

前述の固定鏡胴にヘキサー50mm3.5をB.1.2.5.10.25.50.100.250.500 のSEIKOSHA-MXシャッターに マウントして載せています。 スペック的には、II型からT(タイム露出)を省き、レンズをヘキサー50mm3.5としています。 視野枠などまだまだの 頃に距離計連動式を採用、どこがどう違うのか50年の時を経ても見やすく、 堅牢なボディと緻密な部品加工に一時代を築く小西六の水準の高さを感じ取れます。

業界初の24枚撮りフィルム、ストロボ付きカメラ、オートデートや自動焦点カメラに 自動巻上げ一眼レフを世界に先駆けて開発した小西六です、エプロン部に直線部の多かったこれまでの デザインに対して柔らかい感じを出すため独特の曲線を採用といわれます、否定はしませんが、それだけではなく 当時 同様のデザインが氾濫する中、一見してコニカと知らしめるためだったのではないかと自分は思うのです。

状態として年代に比してかなりキレイに見えます、惜しむらくはシューの手前のエッジ部にアタリあります、場所的には目立たちにくい場所ではあります・・・が、人の眼って一度気付くと「 ソコ 」ばかり気になるものです、外観にこだわる方には不向きです、ご勘弁下さい。 

50年の時を経たスプリングの反発力で動くカメラです、念のためシャッター・距離計の調整整備を済ませました。 新品ではありません、ハードな扱いはご容赦として、あの戦争後の憧れだったあの「コニシロク」を手軽に ゆるく 楽しみたい・・・の方にはオススメです。    レンズはヘキサー50mm3.5。

     ■シリアル:127415
     ■外観、前述のアタリ・何となくの使いなずみあります(写真参照)。
     ■距離計作動、∞概ね一致します。
     ■レンズ、特に目立つ不具合無いように思います。 





















ページトップへ