カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ドイツ製 スーパーイコンタ6x9 III 531/2型 シンクロ加工済み

シンクロ加工された・・・スーパーイコンタ6x9 III 531/2型

ドイツ製 スーパーイコンタ6x9 III 531/2型 シンクロ加工済み

価格:

37,800円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ドイツ製 スーパーイコンタ6x9 III 531/2型

ご存知の通り、イコンタを距離計連動にした高級スプリングカメラで 6x9判スーパーイコンタ530/2として1934年に日本で 発売されています。

機械的にボディに連動させるのではなく、回転する光学楔により連動させる ドレーカイル方式は画期的だったのでしょう、自分ごとの45年ほど前の話になりますが、今は無き神戸の某修理専門店の社長さんとが話してくださった話の中で『 連動するって・・・どないなっとんゃ、、』と思うてなぁ・・・。

『またライカはどうしてもホコリなどが入るんゃけど、ツアイスは意外と入らへんねん、それだけ緻密なんや!』 と説得力のある説明に、【ツアィスは緻密・・】の言葉が心に染みこみ、今でもそう信じてる。

折畳めばブレザーにも収まり、ワンプッシュでレンズ、ファインダーとも起上がり、堅牢な Y字型のタスキ・クラシカルなペイント仕上げ・古典レンズのキレ・独創的なメカが 組上がるスプリングカメラ・・・70年の時を経てなお、捨てがたい魅力があります。

状態として、外国の前ユーザーは「自分のカメラは自分でメンテを・・」のお国柄、エナメルをペタペタと跡塗り・・が結構多いのですが、当機には無くオリジのままように見えます。

あと・・ひとつ、III 型にはシンクロの無いコンパーラピッドシャッターが載せれ、シンクロは次のIV型から、X接点はV型からなのですが、当コンパーラピッドシャッターにはシンクロソケットがありX接点専用シンクロに・・・それと、レンズが105mm3.5ではなく 3.8 がマウントされているのです、ツァイスはモデルによって微妙に規格を変え社外では組み換え不可だから、おそらくツァイスかそれなりのところで加工されたと思われます。

これは実用で貴重ですょ、あの頃は商品サイクルも長く、メーカーでも改造を受けていたとの記事を散見しますが、この様な改造を見たのは初めてで、世の中って「何でもありナンダ・・」 って気がしてくる。

さて、ジャバラは問題なく、レンズに特に気になる拭き擦れ・カビなど無いように見えます、タスキもシッカリしています。念のためシャッターネバリ修理整備、レンズクリーニング、 距離計整備調整を済ませました、シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています。 

なお ご存知のシャッターについて約束事を一言・・・レンズシャッター系はチャージした後に最高速へダイヤルを廻すのは無理な負荷がかかり壊れますので止めましょう。

ビューファインダーもクリアー、でも実用可能なツァイスのアンティークカメラである事をご理解いただき、手軽に楽しみたい・・・の方々にはオススメです。

レンズはカール・ツァイスの本拠地 イエナ製 テッサー10.5cm3.8・・・。

     ■シャッター全速作動します。
     ■レンズに特に目立つカビ、キズは無いように思います。
     ■前述のシンクロ加工(X接点専用)あり、写真参照。 



























ページトップへ