カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

<strong>ドイツ製 ツァイス・イコン ベベ テッサー10.5cm 4.5

ドイツ製 ツァイス・イコン ベベ テッサー10.5cm 4.5

<strong>ドイツ製 ツァイス・イコン ベベ テッサー10.5cm 4.5

価格:

34,650円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ドイツ製 ツァイス・イコン ベベ テッサー10.5cm 4.5

イカ:ICA(Internationale Camera Actiengesellschaft 、Ica AG)はドイツにかつて存在したカメラメーカーだった、

ウェブ記事と手元の資料によると 1909年10月7日 に ヒュッティヒ、ヴンシュ、カメラヴェルク・ドクトル・クリューゲナー、カール・ツァイス・パルモスバウが合併してICA(Internationale Camera Actiengesellschaft 、Ica AG)となった。

これにより分散していた特許を集約でき、関わる従業員数も削減出来 生産性の合理化と、価格競争が緩和され、固定費が削減できるなど競争力を飛躍的に高めた・・とあります。

また、手元のZeiss Ikon のカタログによると、後日談としてエルネマン、コンテッサ、イカ 、ゲルツ 他を吸収して、1926年にツァイス・イコン(Zeiss・Ikon)社を設立た旨が紹介され、設立前の各社のカメラもツァイスブランドでカタログに載せられているものの製造は各社によっていたようです。

当 ツァイス・イコン ブランドのBebe も 6.5X9cmのガラス乾板規格の ICA 社により製造された折り畳みカメラではあるのです、商品サイクルの長い時代ですからICA ブランドのBebe 多く見かけます。 

当時のカタログと資料雑誌の受け売りですが・・レンズ取り付け構造をはじめシャッター機構の理想を形にしたツァイス・イコン Bebe は最高品質の金属部品と信頼性のシャッター、さらに完璧なツァイス レンズのテッサーを搭載・・・と紹介されています。 

きっと高級タイプの折り畳み小型カメラだったのでしょう。 さて、今と当時はフィルムの規格・感度に大きな違いがあり、ガラス乾板は引き伸ばしと言うより密着プリントが主流、名刺程度のサイズの絵を作るため・・・そういう時代です。 

ともかく、ほぼ100年前の時代、いまのフィルム規格とは異なります・・・「フィルムの無いカメラなんて何するんょ・・」 のお言葉もごもっとも、 コンパクトで軽量その上 押すだけでキレイに撮れてフィルム代もいらないデジカメは実用には充分なのですが、 便利さとは別の持つ楽しみ・・・というか品と質さらに優雅さを備えたアンティークとしての存在感は格別です。

また、当機にはガラス乾板用ホルダー2枚が付属します。 状態として、カメラ側の蛇腹にピンホールは無いように見えます、年代もあるのでしょう・・動かないのが多い中、本器は動作します、念のためレンズクリーニング、シャッター整備を済ませました。

付属の乾板ホルダーはあの時代のもので、ブリキ細工です塗装の劣化もあり、取り付けも引っ掛け式、遮光性もその当時のフィルム感度なりでしょう・・・いまの高感度フィルムに過大なご期待をなさらない事です、機構的に実用も可能と思われますが、前述通り、ほぼ100年前の動く・操作出来るアクセサリーであるとご理解いただき、 手元に置いて「ゆるく」楽しんでみたい、書斎にさりげなく・・・・などにはオススメです。

     ■シャッター整備、レンズクリーニング済み、シャッター全速動作します。
     ■ペイント落ち・スレなどあります(写真参照)
     ■レンズ年代相応、特に目立つカビ・キズは無いようにみえます。
     ■写真のアクセサリー付属します。





























ページトップへ