カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ドイツ製 ロボット レコーダーMod.I

ドイツ製 ロボット レコーダーMod.I

ドイツ製 ロボット レコーダーMod.I

価格:

99,750円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ドイツ製 ロボット レコーダーMod.I

ロボットの歴史の始まりは1931年からである、その場所はドイツのウェストフィリアのシュウエルムである。 ロボットの始祖となるモデルは1898年生まれのハインツ・キルフィットにより設計されている 彼は時計メーカーで精密部品の製造に従事していた。

アイデアマンのキルフィットは開発したカメラをコダックやアグファに持ち込んだが、両者とも小型で海のものとも山のものともつかないものには興味を示さなかったのです。

世の中不思議なもので、同じ頃、ビジネスチャンスを探していたドイツの実業家の息子 ハンス・ハインリッヒ・バーニングが親からの資金援助を得てキルフィットのカメラの製造に乗り出し1934年にはロボットカメラの特許を得るまでになったのです。

キルフィットのプロトタイプは、ロボットの標準仕様となるスプリングモーター機構をまだ内蔵していなかった。 スプリングモーターのアイデアはバーニングによるものといわれている、このモーター機構は指でシャッター押す動作で撮影速度が決まり、当事の他のカメラとは異なる仕様でユニークなものであった。

その後バーニングはロータリーシャッターを開発し会社を育て、1938年にはロボットバーニング社と改名し、キルフィットは1938年に発表されたロボットIIまでの設計の足がかりを残し、報奨金を受け取り退社している。 【 ロボット.ヒストリカ Claude BELLON 中村信一=訳 参考】

スプリングモーターという特殊な構造が監視カメラ、学術用記録カメラはもちろん軍用偵察カメラなどに使われ、目的に合わせた特注機の多様さには驚きます。 当レコーダーにも軍用を含むバリエーションが展開され、ミリタリーファンには興味を惹かれるところかもしれません。

自動巻上げという特徴から、一般撮影より監視・管理カメラとして用いられ、数多いフォーマットの中で当レコーダーは定番フォーマットの24X24mmで、また専用ダブルマガジンではなく135規格の35mmがそのまま使えますから比較的後期のレコーダーだと思われます。

レンズはシュナイダー製クセナゴン30mm3.5、シャッターはB.2.5.10.25.50.100.250.500 と広範囲をカバーするロータリーシャッターを装備。 前ユーザーの趣味なのでしょう・・・ロボットには珍しくFonix:フォニックスの5眼ターレットファインダーを揃えておられますから、ロボットレコーダー以外にも使っていたのだと思います。 

フォニックスのファインダーフォーマットはライカ判の24x36mm、焦点距離は35.50.85.90.135mmと当レコーダーにマッチするわけではないのですが、5眼式は年代もあり希少で高価なファインダーですから、お探しの方には魅力ではないかと・・・?

さて、当レコーダーセットはあまり使われる事なく保管されたと思われ、ロータリーシャッターも全速動作し、使用感も僅かにとどまり、比較的いい状態で残っています。

機構的にかなり複雑です、念のため各部動作を確認、シャッター機構を整備、レンズ他クリーニングを済ませました。 お探しの方にお届け出来れば幸いです。

     ■シャッター他整備済み、シャッター全速動作します。
     ■軽い使いなずみ、ファインダーに操作スレあります。
     ■レンズに特に目立つカビ・キズは無いように見えます。



































ページトップへ