カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

npc 製 プロバック II キヤノン new F-1用

npc 製 プロバック II キヤノン new F-1用

npc 製 プロバック II キヤノン new F-1用

価格:

5,880円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

npc 製 プロバック II キヤノン new F-1用

一年ぶりのご案内、限られたユーザー相手の商品だったのでしょう・・・希少で高価だった記憶がある。
今はデジタル一辺倒の機材が跋扈する時代で、撮影結果の確認や補正修正貼り付けなども簡単ないい時代ではあるのですが、ふた昔前のカメラマンは構図/露出確認とかストロボを使う場合の光のまわり具合を確認するため、「ポラをひいて・・」なんて言葉があり、事前確認を拡散転写式ポラロイドカメラが仕切っていたのです。

事前確認といってもレンズも写角も異なるのでそれなりの経験と慣れに頼るのを不便として、それならばポラ専用ボディがあれば・・・というわけで、コンタックスはプレビューという名のボディを受注生産という形で発売したのです。 コンタックスマウント専用で 24X36mmのベタサイズでは あったのですが、ポラロイドバックのフィルム面にピントを合わせるため特別の構造とした一眼レフで、左右逆像の特注アングルファインダーを載せた、いかにもプロ用で「あなた様のために特別に作りました・・」的な雰囲気があり人気者だったのです。

その後、グラスファイバー技術を利用した焦点板などが開発され、応用技術の進歩によって焦点面をグラスファイバーで後方に移す方法でフランジバックを延長し、インスタントフィルムバックを銀塩フィルムカメラに裏蓋を取り代える事で使える・・としたインスタントフィルムバックが npc 社から「プロバック 」として発売されたのです。


ご存知の通り、ポラバックは拡散転写式(ピール.ア.パート式)インスタントフィルムを使います。 ポラロイドやフジなどからシート状のフィルムとして今でも発売され、カラー、白黒、感度の違いで何種類かあり、当バックはフィルムをズラす事で1シート上に2コマ撮影出来ます。

説明書によると
1・ カメラに本体を取りつけフィルムを装填(フィルム装填方法は省略)し、黒い遮光氏を引き抜き撮影状態とします。
2・ 一枚撮影したら、白いタブを黒いナイロンベルトと同じ長さだけ引き出し、この状態で2コマ目の撮影をします。
3・ 撮影後、白いタブを完全に引き抜き、ローラーの間から出てくるリードタブを確実に定速度で引き出します。
4・ 引き出したら、規定時間後剥がす(2枚に剥がすので ・・・ピール.ア.パート式と呼ばれる)。

操作は以上で完了、次のイメージ写真の様に右側のコマが最初、左側のコマが2回目の撮影によるものです、露光されるのはアパチャー部だけでフィルムの半分以上が無駄にはなります。

構造上、遮光板がないので裏蓋を途中でバック交換のため開けたりするとフィルムが一枚無駄になる、ファインダーが奥まって見づらい、new F-1 ボディのみへの装着可能で モータードライブ装着機には干渉して取り付け不可、事前確認だけにしてはフィルムが高いなど、今となっては意味が無いように言われるのかもしれません。

「そんな、フィルムもないような骨董どうするんょ・・」 なんて野暮は言わないで、「圧縮されたデジタル音より機械的なオルゴールやピアノの音が妙に沁みる時もあるんよ・・」、実用一点張りの有用性はごもっとも・・・でも「デジタルには無い有質感と手間がワシの琴線に触れるんょ」のnew F-1ユーザーの方々、よろしくお願いします。



    ■良き時代・・・真面目に作り込み工夫された光学製品を、お楽しみ下さい。
    ■送料無料:レターパックプラス単品発送時(配達時間指定不可/代引き不可)。
    ■付属品なし/使いなずみあります。




                     カメラへの取りつけイメージ / 撮影印画 イメージ














npc 製 プロバック II キヤノン new F-1用

価格:

5,880円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ